不眠にサプリ|頑張っている貴方へのご褒美

女の人

昔と今で違う目の疲れ

眼精疲労

主な二つの原因

目が疲れたり、かゆみや乾きを感じるようになることを「眼精疲労」と言います。この眼精疲労の原因は主に二つあります。第一の原因は、「目を酷使すること」です。本の活字を長時間読んだり、パソコンやスマートホンの画面を長時間眺めていると、眼球を動かす筋肉に疲労物質が溜まります。目がこの疲労を私たちに伝えるサインとして、目がかすんだり乾いたりする症状が現れるのです。目の焦点を合わせたり、眼球を動かすのは筋肉の働きによるものなので、目も筋肉疲れを起こします。第二の原因は「光・紫外線の作用」です。パソコンやスマートホンなどの液晶画面からは、「ブルーライト」と呼ばれる光が出ています。この光は非常に高速の周期で点滅を繰り返しており、気づかない間に目に疲れをもたらします。また、太陽の紫外線も眼精疲労の原因の一つになります。

目の疲れの新時代

眼精疲労が近年注目されるようになった背景には、パソコンやスマートホンなどの液晶画面の普及したことに起因しています。先ほどの段落で説明したように、これらの画面は活字が多く、かつブルーライトを発しているため眼精疲労を引き起こしやすいデバイスです。特にスマートホンの場合は、休憩時間や移動時間などにも長時間眺め続けていることが多いため、私たちの目は昔の時代より「疲れやすく」なっているのです。一方で、眼精疲労を抑えるサプリメントも登場しており、これらが眼精疲労に対する関心を底上げしています。従来は、目を休めることでしか目の疲れをとる方法はありませんでした。しかしながら、目の筋肉にたまった疲労物質を吸収する「抗酸化物質」を含むサプリメントなどがあり、私たちが自ら眼精疲労を取り除くことができるようになっています。